..
new
5月19日、26日、27日の営業時刻変更のお知らせ
5月19日、26日、27日の営業時刻変更のお知らせ
5月19日、26日、27日の営業時刻変更のお知らせ
たびたびで申し訳ありませんが、下記日程の営業時刻を変更させていただきます。

5月19日(土)、26(土)、27日(日)は、
午前中は休ませていただき、12時から営業いたします。
勝手を申しますが、よろしくお願いいたします。

20日(日)、21日(月)、28日(月)は、いつも通り10時から営業いたします。

当面の営業日

19日(土)12時〜6時頃
20日(日)10時〜6時頃
21日(月)10時〜6時頃

26日(土)12時〜6時頃
27日(日)12時〜6時頃
28日(月)10時〜6時頃

営業日数が少ないうえに、ややこしくて申し訳ありません
5月12日(土)の営業開始時刻変更のお知らせ
5月12日(土)の営業開始時刻変更のお知らせ
5月12日(土)の営業開始時刻変更のお知らせ
5月12日(土)は、12時(正午)から営業いたします。
勝手をいたしますが、よろしくお願いいたします。
GWも定曜日営業の予定です。
GWも定曜日営業の予定です。
GWも定曜日営業の予定です。
ゴールデンウイーク期間中も、茶房は、土曜・日曜・月曜の定曜日で営業の予定です。
よろしくお願いいたします。
イベントなどのお知らせ
イベントなどのお知らせ
イベントなどのお知らせ
万年山文庫の日記「万年山文庫只今準備中」には、
「読書の交差店」や「ゆるゆるの会」などのイベントのお知らせや報告を掲載しています。
また、日々の雑感などを綴っております。
ブログもご覧ください。

1月20日(土)から営業再開します。
1月20日(土)から営業再開します。
1月20日(土)から営業再開します。
ご迷惑をおかけしましたが、1月20日(土)から茶房の営業を再開いたします。
(営業日:土曜・日曜・月曜)
ただ、家族の体調などによって、急に休みになる場合があるかもしれず、ご迷惑をおかけすることになるので、ご予約はお受けしないことにいたします。
他にも、いろいろと不十分な点があるかと思いますが、どうかご容赦ください。
しばらくの間、休店いたします。
しばらくの間、休店いたします。
しばらくの間、休店いたします。
いつもご愛顧いただきありがとうございます。
都合により、しばらくの間茶房の営業を休ませていただきます。
営業再開の日程は未定ですが、当ホームページやブログにてお知らせいたします。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。
12月の営業日のお知らせ
12月の営業日のお知らせ
12月の営業日のお知らせ
12月の営業日のお知らせをいたします。

年内の営業は、12月11日(月)にて終了させていただきます。

年始の営業日程は、当HPにてご確認ください。

かなり早い仕事おさめと長い冬休みですが、諸般の事情によりこうなりました。
どうかよろしくお願いいたします。

読書の交差店のご案内
読書の交差店のご案内
読書の交差店のご案内
読書の交差店の日程が決まりましたのでお知らせいたします。

11月21日(火)午後1時30分〜
(いつもは午前中ですが、今回は諸般の事情で、午後になっております)

紹介したい本を1冊〜数冊ご持参ください。

本のジャンルは自由です。
が、今回は、共通テーマもあります。 「笑い」です。

笑い 笑う 笑えば 笑うとき 笑え 笑わない 笑える 笑えない 笑われる 笑った 笑う? 笑かす(あ、これは「笑わせる」の関西弁か)

とにかく「笑い」にまつわる本だと思う本でしたら。

もちろんテーマに関係なく紹介したい本もご持参ください。

また本の紹介がなくても、話に参加するだけというのもOKです。
「本にまつわる四方山話」の会ですから。

参加ご希望の方は事前にご連絡ください。
定員6名です。
参加費は不要ですが、茶房のドリンクをひとつご注文ください。
9月末まで休ませていただきます。
9月末まで休ませていただきます。
9月末まで休ませていただきます。
待ってくださっているみなさまにはたいへん申し訳ありませんが、諸般の事情で茶房はもうしばらく休業させていただきます。
今のところ、営業再開は、9月30日(土)からを予定しております。
勝手を申しますが、どうかよろしくお願いします。
ゆるゆるの会、連続公開学習会(成年後見制度)のご案内
ゆるゆるの会、連続公開学習会(成年後見制度)のご案内
ゆるゆるの会、連続公開学習会(成年後見制度)のご案内
公開連続学習会「家族がもしも…のときに備える」 
茶房は休みをいただいておりますが、ゆるゆるの会では連続公開学習会を開催することになりました。

6月の定例会で、90歳代のお父さんが倒れて成年後見制度が…という方の体験談が出て、そこから、家族にもしものときのことや、最近よく耳にする後見制度について知りたいという意見が出ました。

とくに後見制度については、すでに自分が経験して苦労した人もあれば、今必要性を感じている人、知らなかったがぜひ内容を知りたい人などがいて、みなさん学習会をしたいということになった次第です。

今回は少し詳しく学習したいということで、2部に分けて、第1部には専門家の先生から後見制度全体について、制度の内容・目的・意味・私たちにどう関わってくるのか・後見人の仕事などをお話しいただき、第2部は実務をされている方に、親(家族)にもしもの時に何かどんなことが必要になるのかというお話をしていただくことになりました。

公開連続学習会「家族がもしも…のときに備える」

第1部 8月30日(水)午後1時30分〜3時
       テーマ:「もしも認知症になったら…知っておきたい成年後見制度」
       講師 :栗坂満(くりさかみつる)氏(徳島公証役場公証人)
       ※公証人とは… 公証人とは、法律の専門家であって、当事者その他の関係人の嘱託により「公証」をする国家機関です。公証人は、裁判官、検察官、弁護士あるいは法務局長や司法書士など長年法律関係の仕事をしていた人の中から法務大臣が任命します。公証人が執務する場所を「公証役場」と呼んでいます。
講師の栗坂氏は、遺言書の作成、任意後見契約の締結、延命措置拒否の宣言書等の作成を考えている方への終活ガイドブックとして 「トラブルのワクチン―法的トラブル予防のための賢い選択(遺言・任意後見等終活編)」という本を著しておられます。


第2部 9月6日(水)午後1時30分〜3時
       テーマ:家族に「もしも」の時の実務(仮)
       講師 :玉田樹身英(たまだきみえ)氏(生協ライフプランアドバイザー・金融広報アドバイザー)
       ※金融広報アドバイザーとは…金融広報中央委員会会長からの委嘱を受け、各地において暮らしに身近な金融経済等に関する勉強会の講師をつとめたり、生活設計や金銭教育の指導等を行う金融広報活動の第一線指導者で、全国に473名が活動しています。


いずれも
 参加費 :500円(ドリンク付き)
 募集人数 :各回25名

席に限りがありますので、必ず事前に電話にてお申込みください。

  電話 088−635−4013 万年山文庫

炎暑の時期ですので、お気をつけておこしください。
..